美しい笑顔を生涯自分の歯で食べて行こう。
美しい笑顔を
生涯自分の歯で食べて行こう。
近年、歯科医療は接着材料の進歩により大きく変化してきました。当院ではMI(ミニマル・インターベーション)の概念に基づき出来るだけ歯牙への侵襲の少ない(健康な歯質を削らない、歯の神経を取らない、歯を抜かない)治療を行っております。また、接着技術の進歩により、メタルフリー(金属を使用しない)の審美的治療も可能となりました。さらに治療後、患者様のリスクに合わせた予防処置を継続的に行い、生涯自分の歯で食べていく『8020運動(80歳で20本の歯を保つ)』を実現していきます。
当院では、なるべく
「健康な歯質を削らない」「歯の神経を取らない」「歯を抜かない」
「健康な歯質を削らない」
「歯の神経を取らない」
「歯を抜かない」
治療を目指しております。

当院での新型コロナウイルス感染症対策

①ご来院の方全員、検温体制の徹底
②受付にアクリル板設置
③歯科医院内の清掃・消毒
④換気の徹底
⑤手指洗浄用除菌水設置
⑥除菌水生成システム設置
⑦患者様ごとにユニットの消毒
⑧フェイスシールドの着用

医療施設用空気清浄装置を設置

当医院では患者の皆様が安心してご来院いただけるよう、医療施設用空気清浄装置(エアロシステム35M)を天井に設置しております。
このシステムは、電気集塵方式により、粒径0.01マイクロメートルの浮遊粒子も素早く集塵してきれいな空気にします。
【参考】
ウイルス:約0.03マイクロメートル、PM2.5:2.5マイクロメートル以下、スギ花粉:約30マイクロメートル

口腔がん検診

当院では、口腔がんの検診を無料で行っております。
(江戸川区委託事業・40歳以上の方)
検診の際に異常が疑われる部位があれば細胞を採取します。
採取した細胞を検査センターに送り、検査します。
口腔がんについてはこちらをご覧になり、少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

予防歯科

予防歯科

予防歯科とは、むし歯や歯周病にならない為の予防処置のことです。
むし歯や歯周病等は、一度治療したからといって、完治するわけではありません。
また、「悪くなったから治療に行く」の繰り返しでは、時間や費用がかかるだけでなく、最悪の場合、歯自体を失ってしまうこともあります。
予防歯科では、健康な歯をいつまでも持続させるための処置を行います。
詳しくはこちらから

銀歯を白い歯にする治療

銀歯を白い歯にする治療

金属を一切使用しない素材で治療するため、白い歯にすることができます。
すべてセラミック(陶器)でできた素材を使用した治療が可能です。
詳しくはこちらから

メタルフリー治療

メタルフリー治療

従来から歯科治療に使用されている、いわゆる「銀歯」。
これが原因で金属アレルギーやアトピー性皮膚炎を引き起こしているという例が確認されてきているのです。メタルフリー治療では、この銀歯を含めた金属を一切使わずに治療を行います。
詳しくはこちらから

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

歯を失ってしまった場合に一番一般的な治療法として知られている入れ歯(義歯)。
入れ歯(義歯)は、機能的にも審美的にも日々進化しています。
『すぐ外れてしまう』、『痛くて噛めない』
など、お悩みを抱えていらっしゃる方、またはそのご家族の方、まずは医院にお越しになって、あなたにピッタリの入れ歯(義歯)を一緒に考えてみませんか?
詳しくはこちらから

インプラントについて

インプラントについて

歯が失われた場所に歯の根に代わるもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。
当院では、安心・安全にインプラントを行える環境を整えております。
詳しくはこちらから

根本歯科医院からの最新のお知らせ

令和3年4月18日(日)

江戸川フィルハーモニーオーケストラ第39回定期演奏会

開場13:00 開演13:30
会場:江戸川区総合文化センター大ホール
入場料:予約券1,000円(全席自由) 当日券の販売はございません。
詳しくはこちら(ご案内)

令和2年12月9日(水)

冬季休診のお知らせ

12月29日(火)~1月5日(火)まで休診とさせていただきます。

尚、急患の方は休診中も受付いたしますので、ご連絡下さい。
不通の際は、歯科医師会休日診療をご利用下さい。
(歯科医師会:03-3672-8215)

令和2年11月8日(日)

江戸川フィルハーモニーオーケストラ2020特別演奏会

開場12:45 開演13:30
会場:江戸川区総合文化センター大ホール
入場料:前売券1,000円(全席自由)
詳しくはこちら(ご案内)

2016.11.1
地域紙「アエルデvol.616」に院長が掲載されました。
2014.2.10(月)
『必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック~からだメンテナンス編~』に取材協力いたしました。詳しくは楽器演奏者のための歯科治療ページをご覧ください。
get_adobe_reader
PDFファイルをご覧になるには、アドビ社のサイト(左バナー)から「Adobe Reader」をダウンロード(無料)してください。